2008年02月04日

しろいひ

外を見ると
しんしんこんこんと冷たい結晶の連続が視界を埋めて目が回る
うるさいのに静かで
路や屋根がショートケーキの表面で
あるいは冷たい温かい毛布で
嬉しげな小さな足跡
耳の穴を指で塞ぐようにそっとまたすぐ積もるね
静寂

南南東
太巻き
無言
静寂

101_0122.JPG



posted by gO at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

鬼はそっと

鎖国してた
風が吹いた
雲が融けた
わたあめみたいに
唾液で
吹っ切れた

部屋にアァルグレイの匂いが満ちた
白い衣を染めた
浴槽にたくさんの紅茶
白は紅茶を受け入れた

深緑色のカァテンの色はどこまでも深いや
多肉植物追加
ぐらぐらのテエブル制作
いいかげん髪を切りたいや









posted by gO at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

JAZZ cocoa スケジューリング

猫が砂のストックをばらまいた!
「あ、大惨事」


2時間で追い返される喫茶店に入る
新規考えをフォルダ分けする為に静かな喫茶店を探していた
いつもならミスタードーナツでフレンチクルーラーをもひもひ食べながら永遠と考え事をするところだが、2時間しか待ってもらえない状況が今の僕にふさわしい

頭の中にばらまかれた思想のストックの点と点が引き寄せ合っているのがわかる
やがて「点」の背中から「線」が伸びて全てが結ばれるイメエジはできる
いつかの冬虫夏草のようね

猫が砂のストックをばらまくのには理由がある
彼と遊ぶ事もスケジューリングしなければいけない














posted by gO at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ロウソク

バスルームにはまだ火をつけた事のないロウソクがある
火を灯した時点でロウソクの命の秒読みがはじまる
火をつけなければいつまでも新宿の高層ビルのようにそこにある
ただ、ロウソクはビルではない ここは新宿でもない

電気を消してバスルームのロウソクに火をつける

サイは投げられた

ただ暗闇が幾分和らいだ

火が消えるまでに
posted by gO at 04:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

ツーファイヴ

そこにただあるオブジェを猫が片っ端から破壊する
状況が変化する

この何日かの間に目まぐるしく内側が動いている

そして、歌う理由が一つ増えた






posted by gO at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

けしごむ

けしごむ で もって けしてみる
いったん すべて けしてみる 

もともとそこにはなにもなかった



posted by gO at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ほうれんそう

背が伸びる時のような音がしてる
物事が動き出している気がする
わからないけど

色色な事に気がつくのが遅くて
また朝になってしまう

[eje]って知ってる?
3年程前に僕の中にはらんだ[現象]
僕はそれを育てるためにそれぞれのスペシャリストをパートナーとして選んできた
でも結局[eje]は僕自身で、僕自身が育てないとならない

今年から[eje]は[gO]以外の固定したメンバーを持つ事をやめた
もちろん今まで通り素晴らしいベーシストの多々良さん
素晴らしいミュージシャンのyann clearyには何かとご一緒してもらうつもり
ただ今後3人で[eje]としない
もっと様様な人ともステージに上がる事になる
僕の中の変化や迷い、コンプレックスをもっとそのまま出せる状況

兎に角、今後とも[eje]を宜しくお願いしたいです

ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)が苦手な僕の報告


















posted by gO at 03:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

「花咲く水槽」の水がぬかれると
そこには白い空間がただあった

静寂が少しだけ苦しいや

すぐに水のある場所を探さないと息ができない

冷たい風が少しだけ冷たい


会期中お越し下さった全ての方方、どうもありがとうございました

posted by gO at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

目次

やぁ
雨が花に水をやる
雨が空白に滲む

たくさんの人たちが息をとめて水槽に潜ってくる
水中で皆と話をするのは楽しいものだ

ただ、新鮮な野菜を売るような事はしない
導くだけ
本屋さんみたいに

今日で[花咲く水槽]最終日
例によって展示の期間は充実する
たくさんの比喩によってパズルのピースが見つかる

19時からのライブとアーティストークでお会いしよう?

posted by gO at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

弐○○8

皆サマ?
2000も8個です
まして、あけましておめでたいや
どうか今年もひとつ、ふたつと宜しくお願い致したくて仕方がございません

「イカみたいマフラー」をプレゼントしてもらったのでさ
それして何よりもまずタコあげたいと思いますの
といったわけで本格カイトも手に入れたで
今日の曲の締め切りちゃんと終わらせて外へ繰り出したいってば

あの、6日から渋谷で個展だので遊びにいらして
初日(6日)と最終日(12日)はライブしますのでゼヒ

お正月は街を歩いてる人人の顔がやわらかくて安心した
鏡もちみたいだった人人の顔がみかんはないけども

さていったん寝よう






posted by gO at 06:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

トンネル

ある写真家がトンネルの開通する感動に魅了された

大きな山を両側から何日もかけて掘り進む
やがて光が射し二つの穴が一つの「道」になる

僕は一つの「道」を開通させる為に両側から掘り進む
それは同じようでいて、両側で異なった掘り方
「真の掘り方」と「仮の掘り方」
つながってしまえば行き来する事ができる

今日もまた掘り進む
クリスマスにはモグラの爪が欲しいかも


2007.11.28(wed)〜12.2(sun) 
「透明の開封」 
絵画 池平徹兵 音楽 gO


10am〜6pm 最終日は3時まで
場所 世田谷美術館 
posted by gO at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

よつゆ

蛍光灯の白い明かりは好きじゃない

ラニーニャが街を衣替えする
冬は痛い
今年もまたあの時の気持ちをコートの代わりに羽織る

乾燥した砂漠の肌
とっくに冷めたレッドジンガー
毛布の匂いがする猫のお腹に顔をうずめる

素敵な映画に曲をつけたら監督がそれを気に入って映画のメインに採用された
別のシーンの楽曲は監督の意表をついて驚かせた

無理して「水圧の隙間」を書き下ろした
画家は良いと言った

和紙作家の映像に楽曲を提供した
プロデューサーが涙をこぼした

硬派短編映画に楽曲を提供した
軟派な僕の声は女の子の声と間違われたので使われないかもしれない

明日から九州へ行ってくる
パンツと靴下は用意してくれたみたい
九州へ行くのもパンツと靴下を用意されるのも両方とも初めて


posted by gO at 03:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

「水圧の隙間」gO 池平徹兵 Exhibition

[けはいの森]をぬけ(隙間を経て)

庭のプールから深海へ潜行してゆく(200m以上深く)

できるだけゆっくりと(余計な体力を使ってしまってはいけない)

何も考えず(脳が酸素を必要とするから)

序序に水温が下がり(だいたい氷水ぐらい)

視界が暗くなってくる(太陽光線が届かない)

指先を青く灯す(深海生物の90%は自ら発光する事ができるので)

例によって水圧が体を締め付ける(10mごとに1気圧が僕の体にかかる)

さらに圧力は増し「体」というケースが「パリンッ」と小さな音と共に割れ、本来の姿が露呈する(ただの球体さ)

星空のマリンスノーの一部分となって尚もゆっくりと潜行してゆく(ゆっくりと落ちてゆくプランクトンの死骸のように)

やがて月面のような地に辿り着く(まだ行った事はないが)

何もない(大きな岩の塔を除いて)

誰もいない(蒼の画家を除いて)


------------------------------------------------------

「水圧の隙間」音楽gO 絵画 池平徹兵

2007. 11.10(sat)

@MOGRA GALLERY 

14:00〜22:00 (出入り自由)

Live 16:00〜 と 20:00〜
(Live charge 1500円 1ドリンク付)

通常時間帯は1ドリンクオーダー(500円)お願いします。














posted by gO at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ゴミ屋敷

アパルトメントのツバメの巣が除去された
悲しい気持ちがする

森の中の展覧会に行った
蒼の画家の絵があった
やはりこれが必要だと感じる

森で少女に出会う

どんぐりを食べると血を吐くらしいの実は平気らしい

そして素晴らしき珊瑚の埋まったゴミ屋敷



あぁ眠りたくないが
眠る理由があるから眠るさ






posted by gO at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

ボルドー

アパルトメントを囲う足場の上に座っていた
ぶらんと投げ出した素足が夜をかき混ぜ微妙な気流の変化をもたらす
ボルドーの液体を口に含み、それを飲む
「現実」の輪郭をぼんやりと滲ませては、夜の冷たい空気が鼻腔から耳の後ろを通りぬけ、背中から腰へ滑り落ちる度に僕はまた覚醒する
そんな一連の動作を何度かくり返すうちに月は随分と視界の隅へと流されていった

ここ数年で僕の体に絡み付いたツタが時折強く締め付ける
顔しかむ

「僕はピュアじゃない」

アパルトメントを囲う足場の上に座っていた
月はもういない











posted by gO at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

無題

人が僕の中に入ってくる

困惑

「此処では静かにしておいてくれない?」

やはり開放するべきではない部屋がある


一人で深く静かな井戸の底で少し考えさせて

200710171536000.jpg





posted by gO at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

けはいの森

今週の土曜日からはじまるファインアーティスト(空間芸術)長野リサ嬢の個展
「けはいの森」
でインスタレーション作品へ楽曲を書き下ろしました

そして、個展オープニングパーティーではejeのライブがございます
彼女の「けはい」をはらんだ作品からこぼれる音をejeにたらす
どう混ざるだろうかな

長野リサ個展 「けはいの森」
10/13(土)〜10/30(火)
@ higure17-15cas (日暮里)
10/13(土)18:00〜 オープニングパーティー ※18:30〜 ejeのライブ
CHARGE : free 

是非お待ちしております
チャオチャオ
posted by gO at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

無題

僕の庭の夜明け
それごとジャブジャブ洗ってしまうチョイス

眠れないのではなくて眠りたくない

時時、肌色の入れ物が酷く窮屈だ









posted by gO at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

草原 夜の森 斜面 チェックメイト

草原
自分の息づかいだけが耳のそばにべったりと貼付いて聞こえた
様様なあるべき音が浮き彫りとなる
稲が水を吸い上げる音さえ

夜の森
闇が重たい
さらに霧が現実味をフィルタリングする
線香花火のデリケエトな火花が闇を汚す
中心はいらん
よって落ちる

斜面
大きなナイロン製の羽に無色の風が絡まる
「走れ!」
地面が沈んで体がただ空中に取り残された
そして全てから解放された
着地の事など考えても見なかった
だから失敗した
未来の読めない僕を冷ややかなチェスの駒がチェックする
僕は窮屈な64マスの上から再び飛び立つ

着地の事など考えずに


その日象徴的な落とし物を拾った








posted by gO at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

天狗の葉

素晴らしい映画を見た

音がつけたくなった






明日から森へ行って来る
posted by gO at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする