2011年11月06日

人は穴ぼこだらけで生まれてくる
穴ぼこの数だけ「何か」が足りないのだ

ただ物を買って埋めてみたりする
ただお金をたくさん詰めてみたりする
ただたくさんの人とsexしてみたりする
ただ結婚してみたりする

それでは埋まらない

内側から皮膚が盛り上がらなければ自分の一部分にならない
「どうすれば内側から皮膚が盛り上がるのか?」

それが生まれてきた目的なのだと思っている

自身の指紋の迷路を見つめて「一体わたしは今どこを歩いているだろう」と俯瞰する
本来それだけ考えてればいい
隣の異なる迷路の地図など役に立たない
自身の迷路を好き勝手に歩けばいい

物事を二分化する「効率」という不効率さ
物事を二分化した途端に差別が生まれ、いらない線が増えてしまう
増えるという事は不本意だ

唯一絶対的な「死」に向かう中で、読んだ本を捨てながら歩いてゆく

意味を持たすと意味は消滅し
意味をもたない事で、思わぬ芽がでる

発芽がひとつの穴ぼこを埋めてくれるのではないだろうか







posted by gO at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

汚れた海

遅れたセミが声を出す

「夏まだか」

周りにはもう誰もおらん

知らんの君だけぞ
皆とっくにひっくり返って、風が排除したわ

しんとした夏


「早過ぎたか」


知らんの君だけぞ

とっくに夏終わったわい




posted by gO at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

アレルギイ

見えぬスモークの中にいると深海生物のように特殊な器官が進化する

鼻がよく利く
そして、くしゃみが止まらない

誰かのうわさなんかじゃない
紛れもない表現だ














posted by gO at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

コップと屋上遊園地

デパアトの屋上遊園地、夕暮れ時って死ぬ程せつないんだ
瞼の裏側みたいにオレンヂ色なんだ世界が さ

コップの数だけ世界があって さ
僕にとったら脱ぎ捨てられたドレスがただ漂ってる水中なんだ ぜ?

水温が外の気温とぴたりと重なった
今日はオレンヂ色の屋上遊園地でせつないんだ

b1.jpg
b2.jpg
b3.jpg
b4.jpg




















posted by gO at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

かお



JPG.jpeg









食べたくないものは食べない




posted by gO at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

月曜日の美術館

マァゴンがダストを巻き上げて
ウエットに沈んでゆく

月曜日の美術館に住む

そこにただ置いてあるように

台風の目みたいに静かにおおらかに自己中心的に










posted by gO at 13:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

図書館

所有には利子がつく

僕の本は図書館にあればよい











posted by gO at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ハムとプール

ハムみたいな朝
寝具と現実にサンドされたおぼろげ時

行き来できる時
ねじれぬ時
平穏

あらゆる境目が希薄であらんことを


健全な日常なんて滅入っちまう
見渡す限り再現作業の劣化コピーばっか


なつかしい声で耳の中を満たしたい
耳のプールでスイム





posted by gO at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

トリスタンそうめん

ぐらぐらとボイルされた湯へ
硬直したセンシティブなそうめんを投下
たちまち脱力

かぼす

みょうが

トリスタンな不協なテンションがあたりまえを楽園と錯覚させる

短い夏のはじまりはじまり









posted by gO at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

こられられんけん

東京に戻って来た

理由はよくわらないけど、東京に戻って来た

5日間長崎へ滞在した
気持ちよかった

今回出会った皆さん本当に素敵な方達だった
長崎のお菓子「よりより」みたいにひねくれた僕をほどいてくれるような街だった

chaokaoショーもたくさんのスタッフや関係者がそれぞれの役割をはたし、文字通り皆でつくっていた
とても素敵なショーだった
今回音楽としてそんなchaokaoショーの一部分となれた事は光栄だった

けだるい脱力感が心地よい



またね長崎









posted by gO at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

chaokao

長崎に来てるのです(はじめて。。)

本日(5/21sat)20:00より長崎県美術館でタイの山岳民族の衣装を用いたファッションショーが行われるのです

そのショーでの音楽を担当することになりまして
来てるのです長崎へ

今回はガムラン音楽のグンデル奏者 亀島良泉さんと会場に音を充満させるのです

でで

今の時代、手軽に生中継できちゃうのですので、ユーストリーム生中継する事になりました
長崎に来られない方も良かったならばぜひにご観覧どぞ

Ustream
http://www.ustream.tv/channel/chaokao-project
http://t.co/LSPH7hH

んで
こんなプロジェクト
http://chaokao.org/

ほうこくまでに




posted by gO at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

新年のごあいさつと一番だし

明けましたのでおめでとうございます

昨年も皆様に支えていただきました

感謝しております


雑煮を食らう為一番だしを取りましたよ
透き通った黄金色のプレーンな液体は主張なく、執着なく、形なく、圧倒的な重要性をもってそこに存在しておりました

そういうことだとおもいます


本年もどうぞ宜しくお願い致します


gO




posted by gO at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

アトリエ風景 06.22





IMG_0789.JPG





音を充満させて

そうして

音を逃がしたげる

























posted by gO at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

アトリエの風景 06.08





IMG_0714-pola.jpg




















posted by gO at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

マグノオリア

マグノオリア
白くて大きな花に胸がキュンとなる

たとえば、花の中に頭を入れたらきっと1分が30時間に感じられる
それは長く感じるのではなくて1分で30時間分の感性が働くのであって

ぼくは拘束や閉所が苦手なんだ
だから自由に飛び立ちたいなんていつも言ってるくせに
マグノオリアの中に頭を30時間入れたかったり、君と一生テントの中で過ごしたかったりもするんだ

矛盾はとてもキュウトな感情だと思う


様々な感情の食べ残しを持って次の場所を目指す

水水しい思い出はやがてアンティイクなドライなフラワアとなる
テントの内部にドライな花を生けよう

そうして僕の皮膚はどこまでも乾燥する


いつだって水が必要なんだ




posted by gO at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

しろ








posted by gO at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイレーン

せつなみだ

眼球コォティングした

視界
広角レンズ


しゃべれば加速するんで

になります
あたしは水が必要になってきた


そのウロコ拾ったの必然なん

だから仕方ない

その先

なにもおらんかった


ウロコ
未来に投げよう

未来へのなつかし


一人で取りにゆけよ

ああ


ライチ
いつも君むいてくれた

ウロコあるの知らんかった

こころ
ライチみたい



考えると
頭の中
井の頭線になるから
むいたライチでぷるんと感じるん


シャアマン
僕は君


君のみた景色
みれた
やっと

本を読み終えた気分だ














posted by gO at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

無題

ゆきかしら?

景色

しろく

たちどまった


路はどこ?

うち

かえれない

ねこがまってる







posted by gO at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

よよよぎ

明日



eje

出演時間

26:30



なります

お間違わぬやう

posted by gO at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

過渡期の混乱

久しぶりに天気が良かったので沙羅双樹の居るお寺でガスを抜いた

昨今、めでたく過渡期の混乱に見舞われております

フラクタル図形のように大きな移り変わりの「成長」の中に細かい「成長」が無数にあって、毎回それなりの成長期の膝の痛みのようなものはあるけど、今回は紛れもなく大きな移り変わりの方とあってこれあんた、、

こんなドロドロの状態の物を人前で見せる事にも少し負い目を感じつつ
人前という「2液」へさらす事で不思議と固まる事実もございます

どうぞ移り変わりの醜い姿をお楽しみ下さいまし

一点、成長に伴いあんなに可愛いたまごのような息子に色々な場所から毛が生えてくるように、望んでいない変化もございますがこれが自然の流れというものでございます
離れて行く者を恐れていては成長ができませんので、有りのままボーボーと毛を蓄えたいという所存でございます


そんな中、先日は画家の個展で始めてピアノでライブをした

緊張したけど楽しかった
上手くいったとおもう

家の電子ピアノとまったく異なる響き方で生のピアノはとても心地ちよかった

倍音がたくさん鳴ってて、たった一音なのに色んな音がする
言い変えれば一音で色んな意味をもってる

僕の言語の用い方に説明がついた気がした
言葉の倍音を無数に持つ事でたった一言でたくさんの景色が見える
言語って実は凄く狭いから(僕がとくに言葉を知らなすぎるからだけど、、)

よく歌詞がわかりづらいと言われるけど、僕の音楽に関して言えば、わかりやすい必要がない
そもそも言いたい事が先立ってしまったら「音楽」としての響きを狭めてしまう
もちろん「音楽」といっても目的によってさまざまだけど



ピアノが少し自分に近づいて嬉しかった
ギターを弾いててもピアノのように奏でたいって思っていたから

きっかけをくれた画家殿ありあと

あ、ピアノの曲を小平のギャラリーに置いて来たから行ってみてね
11/21まで


本物のピアノが置ける家に住む必要性が出てきた


















posted by gO at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする