2015年05月02日

沙音

「おめでとう」という音が発音され
その余韻のうえに
「お別れでございます」という男性の音が発音される
想像の中では知っていた本質的な和声
実際に聞くのは初めての音だった

あるいは
間にはさまった僕は双方へ血液を送る肺動脈のよう
両端を溶かし一つの事象へ

両端をバンディングしてはならない

モデルを立てて、モデルを見ずにデッサンをしたジャコメッティ
そのモデルを物質的に描くのではなく、そこにある余韻や気配を描く

これまでやっているつもりだったけどこれで本当にできる

君の余韻と気配が僕の指針となります



4/4 am11:38 --- 4/28 am11:15
























posted by gO at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック