2014年05月28日

蟻の巣

築50年以上経過した木造一軒家に住んでいる
木のフレームの大窓は日によって開くこともあれば開かないこともある

一昨日から風呂場に蟻がおる
日に日にその数が増えた
僕の家の風呂場が蟻の巣の一つの空間として開通した

「蟻はたった3つの機能だけで関係が成り立っており、その連続がIQの高い動物を上回る」

そんなことを思い出しながら彼らの連続性を俯瞰している

空間は「関係」が存在することではじめて空間として認識される

僕は蟻と一緒にシャワーを浴びながら、
重力や正面や奥行きや時間という概念を排水溝へ流す

所謂物差しで計れない環境に自分を置かなければ僕はどこまでもまともになってしまう














posted by gO at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック