2013年04月09日

TARO賞終了

第16回 岡本太郎現代芸術賞も無事終了いたしました
お越し頂いた皆様、体験して下さった多くの方方へ感謝いたします
そしてお世話になった関係各位にお礼申し上げます

今回2ヶ月間という長い期間での展示だった
搬入の日には雪が積もってて、搬出の時には桜が散ってた

「ものおと」はお世話が必要な作品の為、週の3日ほどメンバーが交代で美術館へ通った
美術館へとことこ行くと一番端のejeの部屋には誰かしらが靴を脱いで物にイヤホンを挿している
何とも言えない安堵感があった

体験された方方の反応が直接感じれたのは大きかった
なかでも多くの子供や年配の方が作品と溶け合っていた光景が印象的だった
そもそも、ejeは作品を創りあげて展示するというタイプではなく
体験した人の感情がなければ成立しないただの入れ物を創ってるようなものなので


くたびれた様子の「ものおと」達が久しぶりに帰ってきた
でもどこかで今も鳴ってる

mono oto.jpg










posted by gO at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ざんねん。
今回はまだ小さい人の電車デビゥにまにあわなかった。。
まだ何語かわからないコトバをやたらと話しています。またの機会には少し大きい人になっているかも。
素敵なことあったらまたお知らせください。
Posted by so at 2013年04月13日 17:12
soさま

コメントありがとう
さすがに小さい人は外に出て来たばかりだしね
少しだけ大きい人になったらまた是非に〜
Posted by gO at 2013年04月15日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック