2011年03月08日

音溶け - NADiff a/p/a/r/t TRAUMARIS

昨年の夏にはじまった「音溶け

次の虫の声を待たずして3/20(日)-21(月祝)の二日間、
恵比寿のNADiff a/p/a/r/t TRAUMARISでの公演が決まりました。


eje01.jpg

eje 「音溶け」

  五感から染みわたり、浮遊しながら溶けていくなにか。

  それらは境目をうしない、自分自身も溶けていくような

  まどろみに引き込まれていきます。

  考えることをわすれて、感じながら味わう。

 「音溶け」は新しいひとときを与えるアートだと思います。

  三田村光土里(アーティスト)



TRAUMARISではアーティストユニット、
eje(エヘ)による2日間だけの
映像と、音楽と、お茶のもてなしのパフォーマンス
「音溶け」をすることになりました。

たとえば日本の茶道は、
限りなく完成形に近い様式美をもちながらも、
無限の可能性を秘めた総合芸術といわれます。
形式を超えて、新しいこころみをおそれず、
軽やかに枠組みをはずしてきたことが、
自由な発見をもたらしてきたことも知られています。

「音溶け」は1つの形式にカテゴライズするのが
むずかしく、またそれがみずみずしい作品です。
お茶のもてなしの一連の時間の流れのなかに
そのとき、その人だけの心映えの風景が見えてくる。
それが「音溶け」の、たどり着きたい場所です。

ギャラリーに吊った薄い蚊帳のなかで
2日間、30名の方だけが体験するひそやかな風景……

気になった方はどうぞおためしを。


TRAUMARIS アートプロデューサー/ライター
住吉智恵


--------------------------------------------------

日時:3月20日(日) 19:00

    3月21日(月祝)15:00/19:00

お代:2000円(1ドリンク込み)

定員:各回10名(うち2組は二人用蚊帳)

予約:info@e-j-e.com
・お名前
・電話番号
・人数(2名様の場合お一人づつ又は二人用蚊帳かご希望をご連絡下さい)
・日にちと時間(15:00又は19:00)
*予約は先着順となりますので予めご了承下さい。

場所:TRAUMARIS <SPACE>
〒150-0013 渋谷区恵比寿1−18−4
NADiff A/P/A/R/T 3F 
TEL 03-6408-5522
URL:http://www.traumaris.jp
eje03.jpg


*今回、NADiff Window Gallery(1Fエントランス)で
 インスタレーションを展示中の「ON ZA LINE」による
 植物を象った白磁の器とコラボレーションします。

 NADiff Window Gallery vol.12
 
 ON ZA LINE

『The Garden as Science Fiction』
 3/27(日)まで

 企画協力:作本潤哉(sakumotto)
 www.sakumotto.jp

 
 ON ZA LINE

 小玉清美と倉橋愛の二人組。陶磁器を主な素材とする作品は
 立案から完成まで二人のアトリエで作られる。
 今までのところネックレスやリング、コップ、ランプシェード
 などから構成されたコレクションを発表。
 作ろうとするものが何になるかということより、手に取った人
 に何をもたらすかを楽しみ、気分や感情、
 雰囲気といった時間的なものを作品に込めることを試みている。

 http://www.onzaline.com/
 http://www.nadiff.com/fair_event/window12_ONZALINE.html







posted by gO at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | {音溶け} | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189616371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック